女性に多い水虫の原因と解決策とは
女性に多い水虫の原因と解決策とは

水虫は公共施設でうつるため発赤に注意です

このエントリーをはてなブックマークに追加

プール銭湯サウナ
他の人から水虫に感染する可能性が高い場所に、プール、銭湯、サウナなどの公共施設があります。
これらの特徴は、不特定多数が利用するということと、皆が素足で歩いているということです。
誰が足の裏に水虫の菌を持っているか見た目ではわかりません。
そもそも水虫は、菌に感染したからすぐにかゆくなるわけでもありません。
瞬時に痛みが起こるわけでもないですので、感染したての人は自分でもわからないのです。

さらに、水虫の菌は高温多湿が大好きですが、銭湯やサウナなどはその条件にも当てはまります。
これらの施設では、特にうつりやすいと言えます。
公共の入浴施設を利用しても水虫がうつらない方法はまず、足ふきマットのようなものにはたくさん菌がいるとかんがえられます。
できるだけ他の人が踏んだマットなど踏まないように心掛けて過ごすことが大切です。
家に帰ってきたら足先だけは洗い菌を落とすことが必要です。
そして、高温多湿好きな菌が活発化しないように、丁寧に拭いて水気をなくします。
しかし、そのように洗って拭いた後でも足が施設の何かに触れたかもわかりませんのでアルコール除菌などをすると良いでしょう。
菌は2、3日のあいだにきれいに取ってしまえば活動を未然に防ぐことができますので、これで大丈夫です。

こうやって普段から予防していても水虫になってしまうことがありますが、その際注意しておくべきなのが発赤です。
水虫の主な症状としては、かゆみ、発赤、皮むけが考えられます。
そのうち、かゆくなったり足の裏の皮がむけたりすると、水虫になったのではないかと気づきます。
症状が発赤だけですと気づきにくく、長い間わからず治療を始めるのが遅れてしまうことも考えられます。
足の指のあいだに発赤がないか、普段から気をつけておくといいです。