女性に多い水虫の原因と解決策とは
女性に多い水虫の原因と解決策とは

水虫の治療薬セパリン液で発疹が出た時は

このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫とは皮膚感染病 白癬菌と呼ばれるカビの一種が感染する事で発症します。
白癬菌は足に付着した時点では発症せず、長時間靴を履いて蒸れるなどの高温多湿状態が続いた後、増殖してはじめて感染に至ります。
また、水虫というと足にできる印象が強いですが、人体のあらゆる部位に感染する可能性があります。
ただし、足以外の部分は高温多湿が持続しにくく、白癬菌が増殖しにくいので、足ほど発症する確率は高くありません。
水虫は正しく治療を行えば完治するので、なるべく初期症状が現れた時点で適切な治療を受けましょう。
水虫の症状は様々で、足の指の間がグジュグジュとした状態になったり、白くふやけて皮が剥ける事が多く見られます。
他にも角質が硬く厚くなる場合や赤い発疹・水ぶくれなどの症状が出る時もあります。
軟膏
セパリン液とは水虫の治療薬の一種で、有効成分にトルナフタートが配合された抗真菌薬です。
抗真菌薬の中でも、特に白癬菌に対し強い殺菌力を持つ事で知られます。
セパリンには軟膏と液剤の2つのタイプがあり、どちらも同じような効果を得られますが、症状や発症した患部の位置など考慮して使い分けられます。
軟膏は様々な症状にも使いやすく、患部が湿潤している時には軟膏を使用する方が刺激が少なく済みます。
セパリン液は刺激が強く患部の状態によっては痛みを感じる可能性がありますが、浸透力が強いので皮膚が厚い患部でも中まで染み込んで薬効を与える事ができます。
セパリン液を使い発疹などの症状が出た場合、無理に使用を続けず医師に相談して下さい。
水虫の発疹かセパリン液の発疹かどうか判断がつかない場合も同様で、無理に使用を続けるとかぶれの原因となる事があります。