女性に多い水虫の原因と解決策とは
女性に多い水虫の原因と解決策とは

水虫が顔にできた時の治療期間

このエントリーをはてなブックマークに追加

顔を気にする女性水虫は足にできるイメージですが、実は身体の様々な場所で発症する可能性がある皮膚病です。
原因は白癬菌と呼ばれるカビの一種で、頭部や顔、手や陰部などでも水虫と同様の症状を生じさせることがあります。
水虫の症状が足に出やすいのは、長時間靴を履く事で足が蒸れ、菌が繁殖しやすい環境にあるからです。
足以外の場所で水虫になった場合、足も感染している可能性が高いので注意しましょう。
顔に症状が出た場合、感染経路の多くは足の白癬菌がタオルや衣服などに移ったり、足に触れた手で顔に触る事で発症するケースがほとんどです。

顔に水虫が感染すると、症状としは白い粉が吹いたり赤みが強くなります。
強いかゆみが伴う場合が多いのが特徴で、かゆみのあま皮膚を掻きむしると症状が悪化する可能性があります。
皮膚病には様々な種類があり、原因によって治療法が異なるため、顔への感染を疑う時は皮膚科などで検査を行い、本当に水虫かどうか確認してもらいましょう。

水虫の治療期間は一般的に2カ月程度で、症状や部位によって塗り薬と飲み薬を使い分けます。
白癬菌が感染した皮膚が菌の死滅と共に剥がれ落ち、菌に感染していない新しい皮膚へとターンオーバーが完了した時点で治療の終了となります。
しかし顔以外の部分に白癬菌が感染していた場合、再発するおそれもあるため、一か所だけでなく全ての場所の治療を行う事をおすすめします。
治療を初めてしばらくたつと水虫の症状が収まってきますが、患部が治癒したように見えても定められた期間中は薬をきちんと飲み続けて下さい。
菌は症状を出さなくなっても皮膚の奥深くに残っている場合あり、服用期間が短いと再び潜んでいた菌が増殖しはじめる可能性があります。